韓国人男性の性格は、とっても気まぐれだから、疲れちゃ損です。

皆さんこんにちは!30代日韓カップル恋愛ブロガーの どれみ(@senseidoremi)です。 Youtubeチャンネル(한일커플 도레미 Doremi)も始めました。

あくまでも個人的な見解です。

韓国人男性も韓国人女性も、気まぐれな人が多いです。

恐らくこのブログを読みに来てくださった方の中には、韓国人男性や韓国人女性と連絡を取っているけど、急に連絡が来なくなったり、鬼のように連絡が来たりと、惑わされて疲れている人もいるのではないでしょうか。
という私もそうでした。今は、慣れました。今回の記事は、連絡の気まぐれさを理解できるようになります。

韓国人の性格は、とっても気まぐれだから、疲れちゃ損です。

初めに言っておきます。とにかく、疲れたら損ですよ。
なんでも最初の頃は楽しいですよね。特に、異性との連絡は盛り上がります。韓国人は、日本の少女漫画を超えるくらいの勢いがあることが多いので、飲み込まれて気づけば好きになっていた。ということも少なくありません。

連絡頻度が多く、飛ぶ鳥を落とす勢いでカカオトークが来ます。少し返事が遅れると(少しと言っても5~10分)「どうしたの?」と最速っぽい連絡が来たりします。
調子よく連絡を取っていると、急に連絡が来なくなることもあります。それも、一ヵ月くらいたったころに「元気?」と連絡が来ます。いや、話の続きだったよね…。こんなこともしばしばあります。

約束は、その時の気分。守るものとはちょっと違う。

日本人にとって「約束」は、嫌でも守るのが当たり前の文化です。しかし、韓国では違うことも多いです。私がこれまで友達や韓国人の彼氏、韓国人のクライアントと仕事をしているときに、待ち合わせの約束に成功したことがありません(笑)
たとえば、日本人同士で「23日の11時に東京駅で待ち合わせしましょう」となったら、23日の11時に東京駅に行きますよね。韓国人の友達と約束した場合は、とりあえず定刻で会えることはまず珍しいです。(よほど重要は場面でない限り)

10分待って、念のため連絡します。すると「アンニョン~、今向かってる~。今どこにいるの?」

はい???

もう約束の時間だし、待ち合わせの場所にいるに決まってるじゃん( ^ω^)・・・
この子は時間にルーズなのかな?と、きっとこの子だけだ。と思っていましたが、他の友達も彼氏も韓国語の先生も(笑)みんな大体こんな感じなので、もしやこれは文化の違いか?と思い調べました。すると出てくる出てくる「コリアンタイム」という言葉が。

コリアンタイム、恐るべし。

 

では、韓国人同士は一体どうやって待ち合わせをしているんだ?という疑問が出てきます。お答えしましょう。

 

「今どこ?」
「今家出るとこー」
「そう?じゃあそろそろ準備していくよー」
「OKー」

とか

「今どこ?」
「今家にいるー」
「ご飯食べに行く?」
「準備していくねー」

みたいな感じで、一応「この日会う」と決めておいて、「今どこ?」から始まります。時間や場所は事前に決めなくても成り立つことも多いのが特徴です。

公式な場面でも、コリアンタイムは存在します。とある韓国のパーティーに参加した時に、18時開始なのにみんなご飯食べてる…。19時なのにまだご飯食べてる…いつ始まるんだ?と思っていると20時に始まりました(笑)
別のテーブルにいた日本人が私のところにいて、これ今日中に終わるのかな…と心配していたことが印象的でした。

 

なぜコリアンタイム?

韓国は、車の渋滞がひどいです。朝の出勤時間や夜の退勤時間は、漢江近辺の込み具合は異常です。どうにかできないのかな?という印象です。
そんなこともあり、車で移動する友達や彼氏は30分~1時間の「遅刻」は、遅刻ではなくなるわけです。また、車の事故が多いんです。韓国ドラマで、主人公や恋人が交通事故にあうシーンが多いですよね。お決まりのパターンだと日本人は思うようですが、本当に事故が多いので仕方ありません…。こうなると、渋滞はさらにひどくなり、時間を決めたって意味がなくなります。

日本人は、こういう状況の時でも、それを見越して時間に余裕をもって行動するので、余計にややこしいんですよ。

もう、どっちもどっちとしか言いようがありません。

もちろん、時間にきちんとされている方もいらっしゃいます。若い世代の方は、少しずつ変わってきた印象です。あくまでも、私の経験を書いている個人的な見解です。

 

最新情報をチェックしよう!