【ツンデレ年上韓国人彼氏シリーズ㉗】女の影がチラつく、デリカシーのない彼氏に疲れた日々。

皆さんこんにちは!30代日韓カップル恋愛ブロガーの どれみ(@senseidoremi)です。 Youtubeチャンネル(한일커플 도레미 Doremi)も始めました。

久々のツンデレ年上韓国人彼氏シリーズです。お待たせしました(?)

このブログを読んでくださっている読者様はもうご存じかと思いますが、彼のデリカシーのなさは世界一だと自信を持って言えます。

最後に会った日から2年以上経過し、お互い励ましの言葉や愛のある言葉なしで、よくここまで耐えられたなと、自分が哀れにも思えてくるほどの扱いを受けてきました。今日は、その一部(始終とはいいがたい…)を共有させてください。

※ここから書くことは、不快なことが書かれていますので、ほかの女性の影がチラつく話が苦手な方はスルーしてくださいね。もはや、ホラーです。

 

私の知り合い(20代日本人女性、大学生)が、韓国事情について詳しく知りたい、というようなことを言ってきたので、私の彼をラインに招待して、グループトークをしていました。彼は日本語があまり上手ではないし、知り合いも韓国語が出来ないので、私が翻訳機の補助として3人で話すことになりました。私は、その知り合いが立ち上げるオンラインショップの準備を手伝っていました。

その知り合いが、彼を紹介すると伝えたときに「え!そんなことして大丈夫なんですか?〇〇さんの彼氏なのに」と言われました。彼は、仕事関係の話なら楽しくできる人なので、彼もいいと言っているから、嫌じゃなければどうぞ、と言って繋げました。私を入れて3人で話すと決まりました。

でたでた、韓国文化「妹みたいな存在」

変な勘が働いて、なんとなくこの二人が私を除いて直接友達追加をして話し出すのではないかと考えました。彼に念のため言いました。

私「もしかしたら、彼女が直接連絡してくるかもしれない」

彼「そんな連絡がきて、どうなるの?彼女は歳が若すぎるし、妹みたいに可愛がればいいだけ!」

私「妹みたいに可愛がるって、日本にはそんな文化ないんだよ。。。」

私「韓国留学に行きたいとか言ってるけど、彼女に会ってあげるの?」

彼「そりゃ、年下の子なんだから、ご飯くらいおごってあげないと」

不安に油が注がれ、火が燃え上がりました。

私「私たち、もう2年も会えてない状態なのに、なんで他の女とご飯食べに行くの。。。」

会えない状況としなくてもいい心配が絡まり、最悪の嫉妬心が芽生えました。

その時は、彼が「連絡しない」と話してくれたので収まりました。

女の勘は、やっぱり当たる。

最初のメッセージです。

彼「よろしくお願いします💛どれみからは話を聞いています」

知り合い「●●(知り合いの下の名前)って呼んでください💛」

💛使うなよ、彼女がいるにもかかわらず。そして、知り合いも知り合いで、人の彼氏に向かって💛使うなよ・・・。

それなのに、ある日彼が3人のグループトークに、見たことのないスタンプをグループトークで使ってきました。
知り合いも、同じスタンプを送ってきました。

よしよしヾ(・ω・`)してるスタンプや、ハグ🤗しているスタンプ。

なにこれ。

知り合いが私にスタンプをプレゼントしてきました。同じスタンプでした。
知り合いからとんでもない一言が。

「この前、●●さん(私の彼氏)にもプレゼントしたんです!」

は???????

 

それで聞いてみたんです。もしかして、二人直接連絡取り合ってますか?と。

すると、彼はその女の擁護をして、その知り合いは「●●さんごめんなさい、とてもお世話になって助けてもらってるのに。。。●●さんの気分を害するようなことをしてしまって、申し訳ないと思っています。」

意味が分からない。

その知り合いが、彼の会社にプレゼントを送ってきたらしいです。(これも、私から彼氏に聞いてみたら、やっぱりそうだった)

意味が分かりません。

こんなことがあり、その知り合いとも縁が切れました。いくら私と年が離れた女性とはいえ、日本だと普通に浮気とかありえるじゃないですか。女子大生と中年男性。韓国ではほとんどないですけど、ここ、日本だし・・・。

 

直接連絡を取ろうが、勝手にしてくださいという感じですが、わざわざよしよしヾ(・ω・`)と頭をなでるスタンプやハグをしているスタンプを送りあう必要がありますか?私がどんな気持ちでそのスタンプのやり取りを見ていると思うのか、彼もそうですがその知り合いもデリカシーがなさすぎる…最悪の組み合わせです。

その知り合いについては、もともと少しの違和感があったので、私が彼と繋げたのもダメでした。まさかここまでひどいとは思いませんでした…。

まあ、こんなデリカシーのなさは序の口なんですけどね。

その後、私と知り合いの縁が切れてからも、彼は私をからかうように、知り合いの名前を出してきます。

彼女と私を比べてきます。

彼女は大学生なのに、これからを頑張ろうとしている。それなのにどれみ(私の名前)は、なんで頑張らないの?

 

耐えられず怒鳴ってしまいました。

「デリカシーのないことを言わないで!その知り合いが頑張ってるのは、私が全部言った通りに動いているだけ。

彼女も頑張ってるけど、私は仕事とは別で彼女をたくさん手伝った!!」

女は怖い。年は関係ない。女はいつも女だ。

私たちは2年以上逢えていない。不安だらけなのに、ほかの女の名前を出さないで!!!!

そして、もう一つ気づいたことがあります。

知り合いが最初に言っていた

「え!そんなことして大丈夫なんですか?〇〇さんの彼氏なのに」の意味。

怖い女性がいるものです。

皆さんも気を付けてください。この人は大丈夫、と思っていても、少しでも違和感があればやめたほうがいい。

女の勘って、やっぱり当たるんですよ。

 

なんだかホラーのようになってしまいましたが、今日はこの辺で。

それにしても、こんなにデリカシーのないことされて傷ついてるのに、なんで離れられないんだろうか。依存?。。。

この話を書くまでに3か月かかりました。今ようやく収まったのですが。

また別の女が出てきます。覚悟なさってください笑。

それでは、また。

最新情報をチェックしよう!