【韓国人プロポーズ】13歳年上の韓国人男性にいきなり求婚された話。

皆さんこんにちは!30代日韓カップル恋愛ブロガーの どれみ(@senseidoremi)です。 Youtubeチャンネル(한일커플 도레미 Doremi)も始めました。

みなさんこんばんは。どれみです。今日は暖かく過ごしやすい一日でしたね。ようやく春がやってきたかなあと思いつつ、彼から「今日ソウルは雨だから、明日日本も雨かも知れないね~だから、傘を用意してくださいね」との優しい言葉をもらってほっこり。

さて、今日はその彼とは違う韓国人男性のお話をしましょう。

韓国人の親日家おじさまと出会う

数年前、Instagramにある男性からメッセージが来ました。(私の公式?のもの)

メッセージには「Instagram拝見しています。あなたの投稿一つ一つ、雰囲気がすごく好きです。ファンとしてこれからもよろしくお願いします。

私の目にはただ、親日家の韓国人おじさまという風に映っていました。

メッセージに無難に感謝の気持ちを返したところ、熱心なファンの方で、「美容や食生活も気にされている方だと思うので、プレゼントしたいものがあります」と突然プレゼントのお話です。
立場上、無視するわけにはいかず、丁寧に対応していたところ、友達の会社で作っているパックをたくさんもらったから、という「受け取りやすいように言葉を操る人」のように感じました。

自宅の住所を教えるわけではなく、公開している連絡先があるので、そちらに送っていただくことになりました。

韓国から高麗人参エキス届く…。

届いたものは、

大量のパック・韓国の伝統菓子・高麗人参のドリンク・高麗人参の高そうなエキスタイプの瓶2本…。そして名刺でした。

お礼のメッセージを送ると、エキスは高価なもので、それはどれみさんのご両親に。とのことでした。いままで頂戴したプレゼントの中でも、特段不思議な贈り物でした。

ありがたくいただき、数か月後です。私が仕事で渡韓することになり、その件をInstagramでお知りになった親日家おじさまは、すかさず私にメッセージ。

素性がわかっている人なので(名刺も本物で、犯罪を犯したらえらいことになるであろう人でした)、日本のお土産とお礼もかねて、お茶をすることになりました。

親日家おじさまでしたが、日本語は全く話せない方でした。

流れは、
私の滞在先近くに迎えに来る→スタバでコーヒーとマカロンを買ってもらう→食事の場所に連れていかれる→時間があったので素敵なカフェに連れて行ってもらう→告白①→ドラマにも出てくるらしい高級韓国薬膳?料理店に連れていかれる→食べる→告白②→手作りのケーキをもらう→ネックレスを渡される

 告白①

 地域の社長仲間にもどれみさんのことを話しました。あなたと結婚したいです。→その社長?の人と電話で話す・・・

告白②


 韓国と日本一か月ずつ滞在して暮らしたらいい。(わたしが)すべての費用ももちろん僕が出しますし、あなたのことを愛しています。地域の同業者の社長もあなたのことを知っていて、もうみんなに宣言してしまった!

もう、意味が分からず…

とにかく、親日家で私の表の顔のファンの方で、おそらく聞いていけば共通の知人もいるような人です。

高麗人参エキスとの出会い…

何はともあれ…親日家おじさまとの出会いと別れ?で得た韓国文化は、いただいた高麗人参エキス…このスティックタイプ?というか、一回分ずつ液体になっているものは、正直本当有り難かったですね。
チュールタイプというのでしょうか?(最近猫とかハムスターのおやつにもチュールタイプが出ていますよね。)色々思うことがありますが、これは今も買い続けています。ちなみに彼も高麗人参のカプセルタイプを飲んでいます。

美容大国韓国No.1ブランド“正官庄”
「エブリタイムV」公式サイトならではの国内最安値


ネックレスは、誕生日プレゼントとしていただきました。いただけませんと申しましたが、これはほんの気持ちだから、いやだったら今日ひとまず受け取って、そのあと捨ててくれたらいいと、そこまで言うような方でした。

断ることもできず、持ち帰り、何を悩んだらいいのかもわからない状態になり、仕事を終えて帰国しました。

手作りのケーキは、一度宿泊先に持って帰って、日本に持ち帰り、両親に話しました。あの親日家おじさまに求婚されたよと…。

軽率な行動・無茶な行動の裏には心の闇が潜んでいる

帰国後、連絡をしました。いきなり結婚は考えられないし、言語の問題もある中でお付き合いというのも考えられないと、お断りをしました。お気持ちは大変ありがたいことを伝えて、距離感を前のように取り、今も私のSNSを見て韓国から日本にいる私を応援してくださっているようです。(表の私はごく普通の一般人で、芸能関係ではありません)

異国で知らない人に会うことは、軽率な行動だったと思います。普通に考えると怖いですよね。私自身その当時、心がかなり荒れていた時期で、判断能力も落ちていたんだと思います。

実は、この親日家おじさまにあった前日、今の彼と初めて会ったんです。いつかその話も書きますね。よかったら読んでみてください。

それでは今日はこの辺で。

どれみ

♡ブログランキングに参加しています♡
国際恋愛・結婚ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村 日韓カップルブログ どれみ
最新情報をチェックしよう!